ヒトカラ好きが語る『ヒトカラに行くのが恥ずかしくなくなる術』

こんにちは!

今回は、ヒトカラが趣味の僕がヒトカラに行くのが恥ずかしくなくなる方法を語っていきたいと思います。

そもそもヒトカラとは

ヒトカラとは、一人でカラオケボックスに行ってカラオケで歌う事をいいます。

一人で何曲も連続で歌えたり、歌う曲の選曲にこだわらなくていいので、最近人気になってきているようです。

ヒトカラ専門のメニューがあったりと、カラオケ店側もヒトカラに特化し、進化してきているほどです。

ヒトカラは恥ずかしい?

ヒトカラは、一部の人からは「友達がいない」「寂しい」等言われております。
(実際に僕も「寂しい!」と言われました(笑))

ですが、僕はそんな事思いません。
最近はヒトカラ専門店も増えてきていますし、ヒトカラに行く人も増えてきているので、僕は全く恥ずかしいと思いません。

実際に

僕が知人にアンケートを取った際(口頭で)
「50人中」

ヒトカラを恥ずかしいと思う人 8人
恥ずかしいがヒトカラに興味がある人 26人
ヒトカラに行ってみたい人 10人
ヒトカラに行きたくない人 6人

という結果になりました。
いかがでしょうか?

恥ずかしいと思う、行きたくないという人は合わせて14人だけで、36人が興味がある、行ってみたいという結果になりました。

やはり、現在ヒトカラはそのくらい浸透している事だといえるのではないでしょうか?

ヒトカラに行くのが恥ずかしくなくなる方法

僕が思う「ヒトカラに行くのが恥ずかしくなくなる方法」は

・他の人はそんなにヒトカラを気にしていないと思う。
・個室に入ればだれにもわからないと思う。
・受付で「とりあえず一人で」と言う。
(後でだれか来る風を装う)
・他にヒトカラをしている人を探してみる。
・自分はヒトカラの達人だと思い込む。

こんなところだと思います。

オススメは2つ目の「個室に入ればだれにもわからないと思う」だと思います。

僕も初めの頃は、ヒトカラを恥ずかしがっていました。

ですが今は、ヒトカラが趣味と言える程にヒトカラに行っています。
ヒトカラも慣れればとても快適で楽しいものです。

あなたも是非、ヒトカラに挑戦してみませんか?

Advertisement